放送業界の業界語は、映画・音楽・芸能・広告・新聞・産業・学術・医療・官庁・警察・などの多岐にわたる用語や

慣習、海外の放送用語・技術用語などから入って来た言葉が多く、そこに社会性のある新語なども混じって非常に

複雑です。


方言も混じって、それぞれの局独自の用語もあったりしてバラエティに富んでいますが、共通して、長い言葉も

短縮化することが多いようです。

アイ・カメラ

人間の視線と視線の動き、視線の留まる時間などを画像で見ることができる装置。

TV番組やテレビCFなどで注目度などの調査に使うことができる。


アイ・キャッチャー

広告などで目を引く部分。写真、イラスト、動物、ヌードなど広告効果を高めるポイントとなる部分。


相乗り

数社のスポンサーが、一つの番組を共同提供すること。


アゴアシ、付き

タレントの出演交渉で、食事と放送現場までの交通費付きという意味。


アシスタント・ディレクター

ADと略す。現場で総指揮をとるディレクターの補佐役。スタジオにいるフロア・マネージャーも、これに含まれる。


頭出し

放送で、VTRや録音テープの番組の、放送に掛ける部分を出してセットし、スタンバイ状態にすること。

ディレクターがADに「○○ちゃん、次の頭出しをしといて」などと使う。

放送では、始まりとか最初は、最後の表現は尻、という言葉を良く使う。


アップ

ラジオでは、音量を大きくすること。台本やQシートなどでは、UPと書く。

手振りキューでは、手のひらを下から上に、表現したい音の大きさを意識しながら上げて行く。(キューの項参照)


アテンション・ゲッター

広告用語の人目を引く部分から来た言葉。放送の場合は、ワイド番組などで番組名をコマーシャル・ソング風に作って

挿入するものを指すこともある。局によってはCMS(CMソング)と同じ意味のジングルと称する局もある。


アテレコ 

洋画やアニメに声を入れる声優。または、その作業。


後ピン

撮りたい対象物よりカメラの焦点が後ろに合っていること。


アドリブ 

台本にない、即興的な演技やフリー・トーク。


アナ尻

アナウンスの一番最後の部分のこと。


アナウンス・ブース

ANブース

単にブースと普通は言う。副調整室 (サブ・コンロールルーム)から、ガラスの窓で隔てられたアナウンス用の小部屋。

調整室から手振りキューやトーク・バックでデイレクターやプロデュサーが、アナや出演者に指示を与える。


アニメ

絵として動きのないマンガや人形などをあたかも動いているようにみせる動画のこと。


アフレコ 

アフターレコーディングの略

画面だけを先撮りして、あとで音や音声をいれる。


雨傘番組

レインコート・プロとか唐傘番組ともいわれる。                                   

放送予定のイベントやスポーツ番組などで、雨天中止になった際に埋める番組のこと。


有りもの

とくに新しく作らないでも普段から有って間に合うもの。衣装、大小道具、すでに録音済みのテープ、BGM、SEなど。


アンカー

ニュースなどを、まとめて伝えるアナや司会者、解説者。


アンコール番組

再放送の番組。


アングル

カメラの被写体に対する撮影角度。ロー・アングルハイ・アングル


イー・エヌ・ジー

ENG ハンディカメラ。


衣装係

テレビ番組の制作で出演者の衣装を担当する係。衣装プランナー、衣装デザイナー、衣装コーディネーターなど。


板付き

番組のトップシーンで、主人公が最初から画面に登場すること。


入中

中継が入ること。


色もの

演芸芸能番組。


インターカット

テレビの実況中継中に、観客席の風景などのショットを挿入するテクニック。


インタビュアー

取材対象の人に質問したり、意見や感想を聞いてレポートする担当者。


歌ばん

歌番組の略。


裏番組

特定の番組と同じ時間に放送する、他局の番組。


裏受け

他局からネット受けした番組や内容を、すぐには放送に掛けずに、録音・録画しておくこと。裏撮り裏録りとも言う。


エアモニ

エアーモニター。オンエアーをモニターする装置、或いはモニターをすること。


エコー

反響音、残響音、音響効果の一種として、モノログや回想シーン。ムードを必要とする場面などで使われる。


エス・イー 

SE サウンド・エフェクト 効果音。 


エヌジー

NG、ダメの意味。手振りキュー動作としては腕や指を交差してX型にして伝える。

同じ動作で「終了」という意味もある。


エスエヌジー

SNG 取材した映像や番組を電送回線として通信衛星を使って送るシステム。


エフエス

FS フルショット、カメラワークで、主要な被写体を中心とした全景のこと。


エフエム・カー

(ラジオ・カーの項参照)


エフエフ

FF (Full Figure)カメラワークで、人物の全身。或いは、被写体の全体。


エムエス

MS ミデイアム・ショット、カメラワークで、主要な被写体を中心とした中景のこと。


エムシー

MC

司会者のこと。マスター・オヴ・セレモニー。


オーケー 

OK 

手振りキュー動作としては、片手の親指と人差し指を丸め、他の指は立てた形で出演者やクルー、スタッフに伝える。     

遠距離の時は両手で丸を形どったり、片手で大きな円を描く。


オサエテ 

トーク番組などで番組内容がやゝ行き過ぎと思われる際、トーンダウンさせるための指示。                 

手振りキュー動作としては、両手で物を押さえつける仕草をする。


お皿

レコード盤のこと。


オス オシ(押している) 

時間が、予定しているスケジュール時間より遅れている状態をいう。

「前の番組が5分オシでスタートしたから、このコーナーで前半部分をマキ(急ぐ 縮めるの意味)で、○分の時点で正常に

戻して下さい」などと使われる。


オツカレ

芸能界から来た言葉で、放送界では毎日交わされる挨拶語。その日初めて会う人には「おはよう」ではじまり、「お疲れ」

で終わる。夜でも初めて会う人には、「おはよう」「おはようございます」と、この挨拶が交わされる。

(オハヨウの項参照)


オーディエンス・セグメント

ラジオの編成で、性別や、年齢層、職業別にターゲットを絞って番組の編成をすること。


オーディション

番組出演者のアナウンス表現や歌、演芸、トークなどをテストすること。または、テレビやラジオ番組の試聴視をすること。


音合わせ

テレビでテープ編集する時、画面と音声や音楽を合わせる手段。ラジオでは、楽団と歌手の歌を合わせるリハーサルのこと。


オハヨウ

放送局の挨拶言葉。その日初めて会う人には、例えその時間が夕方や夜であっても「おはよう」「おはようございます」の

挨拶を交わす。つい、うっかりと全然仕事と関係ない場所で使うと変な顔をされる。(オツカレの項参照)


オーバーラップ

OLと略して書く。場面転換の一つの手法で、前の画面が、後の画面とクロス状態で切り替わる。               

ディゾルブとかダブルということもある。


帯(オビ)

録音テープの内容をテープの外箱に記載して付ける録音明細書のこと。腰巻き鉢巻きフンドシなどと言う。


帯番組

毎日か、毎週同じ時間帯に放送されるレギュラー番組。


帯ドラマ

帯ドラと略。同じ時間に、毎日放送されるシリーズのドラマ。                              

週1回、同じ曜日に放送されるシリーズのドラマは連ドラ(連続ドラマ)と言う。                      


                                                          

オープン                                                      

オープン・テープ録音機/再生機やオープン・テープのこと。


オン・エアー

オン・ジ・エアー

リハーサルとは異なり、実際に本番の放送中のこと。スタジオでは、調整卓を本番用に切り替えるとスタジオの入り口に

付けられた赤色のON AIR警告ランプが自動的に点灯する。


ガイド番組

短いCMを集めて一つの番組風に仕上げた番組。「◯◯商店街便り」など。案内CMとも言う。


街録、外録

スタジオから出て、街頭に出て番組を録音すること。


カウキャッチャー

番組の本編の前に入れるCM。昔は日本でも市電などの運転台の前後に救助網が付いていたが、アメリカのSLなども昔は機関車の

前に網を付けていた。                                                

これをカウ・キャッチャーと言い、放牧している牛などが線路内に入っていて、機関車とぶつかりそうになった時の牛の救助網

であった。                                                     

番組の本編の前にCMが付いている形が似ているところから、このCMをカウ・キャッチャーという。CC


ガセネタ

本来はニセのニュース・ネタのこと。ガセは「騒がせ」、ネタはニュース種のこと。


カットイン

通常の音声、音響レベルで、CDやレコード、CM、テープなどの音源をスタートすること。

手振りキュー動作として、スタートと同じく、人差し指か人差し指と中指の2本指で、ミキサーに指示する。


カットアウト

カット・バック

違う場面の画像を交互に入れて効果を出すテクニック。別名「切り返し」


カフ

スタジオ内でアナウンスする時に、上げ下げするマイクの切り替えスイッチ装置全体のことをいう。


カフキー

そのカフのスライド型のスイッチ。


ガヤ

その他大勢役の出演者。ガヤガヤと騒いで番組をにぎわせて貰うための出演者。


カロリーアップ

聞こえは良いが、電波料の改定の事。改定といっても下がることはなく要するに値上げの事。


噛む 

トチる

アナウンスメントをツマッタリ、舌が回らず言い間違ったりすること。ナウウンス・ミス。


カメリハ

カメラ・リハーサル (CR)。実際にカメラを使って行われるチェック作業、本番さながらのリハーサルをすること。


カラオケ

昔は音楽界や、放送界の業界語だったが、今や一般に知られた言葉となった。

「空オーケストラ」の略で、歌手の伴奏のスコアで楽団が演奏すること。


完パケ

完全パッケージの略。番組の内容をすべて完全に出来上がった録音テープ。オンエアー状態になっている番組。


ギャラ

ギャランティ

出演料のこと。金額を第三者に判りにくいように、電話で交渉する際にはドイツ語と日本語の混ぜ合わせた表現をする事もある。


キャスター

アンカーパーソン(アンカー)ともいう。ニュース・アナより個性を出して、判りやすくニュースを伝える立場の人。


キュー

cue 

Q 

合図、きっかけのこと。手ぶりによるキュー動作としての「ハンド・キュー」とランプによるもの、ブラウン管モニターに  

よるもの、紙に書いて出演者に見せるものなどがある。

手振りによるキュー動作として一例を挙げると、声のマイク乗りが悪い時の指示は、両手を口の前で、メガホンのような形を  

何回か繰り返すことで「声をもっと大きく出せ」の指示となる。                             

手振り動作キューは、番組プロデューサーかディレクターが出すが、その動作は、素手ではあるが、オーケストラの指揮者の  

タクトに似て、身振りにより、細かい演出が表現される。


Q 出し

キューを出すこと。


Qシート

番組進行表。テレビやラジオの番組を正常に進行させる為の必要な要素や放送順序などを細かく書き込んだもの。       

フイルム、テロップ、CD、レコード、録音テープ、CM挿入箇所など、放送に必要なものが、時間などは秒単位で記入され、  

生部分は赤字か赤線囲みで表す。


Qワード

生放送中に、次の番組やコーナー、あるいわ、次の出演者に引き渡す際の、言葉やきっかけの合図をあらかじめ決めておくこと。

「◯◯放送です」と局名告知を合図にしたり、「テーマ曲尻」を使ったり、「CM尻でそちらの番組が出てください」などと   

番組や出演者の受け渡しのきっかけとなる言葉や音楽、CM。


キュー・ライト

テレビ・カメラの上部や前後に付いている赤ランプ。タリー、オンエアー・ランプとも言う。


切り返し

(カット・バックの項参照)


金魚鉢

アナウンス・ブースのこと。ガラスでかこまれた防音室。(アナウンス・ブース項参照)


クチパク

ラジオでは、スタジオ内でアナウンサーが、カフキーを入れるのを忘れてシャベリ出すと、放送には勿論、声が出ない。 

このような状態のことを言う。

或いは、テレビでは画面だけを先取りして、音声を後から編集の際に付けること。(パクパクの項参照)


クレジット

ラジオの録音番組のテープには、まず最初に「何月何日放送の、(番組名)です」と番組タイトルを入れて、その後5kcと1kcの  

ビートを入れて5秒後から本編の番組をスタートさせる。クレジットとは、この「何月何日放送の、(番組名)です」とか    

「◯◯放送制作、何月何日放送の(番組名)です」とアナウンスを入れること。CR。(提クレの項参照)


クロス・ネット

ローカル局が複数の局からネット番組を受けること。


黒送り

他局に番組をネットする場合に、CM部分も全部入った完パケ番組として送ること。


クール

番組の放送期間の単位をクールという。1クールは3ヶ月間で、ワン・クールの番組とは3ヶ月間続く番組のこと。

番組編成は、大体4月と10月の第2週に番組改編となるので、春に始まって秋の編成変え迄とか、秋に始まって翌年の春迄の

番組がちょうど区切りの良い番組となるところから、普通はツー・クール単位の番組契約が多い。


ケイエス

KS (Knee Shot) カメラワークで、人の膝から上から頭までのこと。


芸能レポーター

社会・報道番組のレポーターとは別に、芸能ネタを専門とするレポーター。

テレビが昼のワイドショー番組で、芸能週刊誌スタイルをテレビのワイド番組に取り入れて、それまで主に週刊誌で記事を

書いていた人たちを芸能レポーターとして登場させてから、この名称が誕生した。                        


劇伴

テレビ・ドラマで盛り上がったシーンや悲しい場面で流す効果音楽のこと。劇の伴奏音楽を略した言葉。


兼営社

民放で、ラジオとテレビの2波を持つ放送会社。ラジオやテレビの1波だけの社は単営社と言う。


現場、ゲンバ

制作現場 報道 技術部門等の放送に実際にタッチする部門。報道用語としては事件の起こった場所のこともいう。


考査

局が自局の番組、CMなどを放送基準や倫理規定などに照らし合わせてチェック監視をすること。


効果音

(エス・イーの項参照)


腰巻き

(帯の項参照)


コマソン 

コマーシャル・ソングCMソングシンギング・コマーシャルCMSとかSCMや、シンギング・CMとも言う。


コロガシ

マイクをマイクスタンドに付けずに、卓上に置き、ハンドマイクとして使用すること。そのマイクのことを言う。


コンテ

放送作家の作った台本を元に、作った演出用の放送台本のこと。

各カットを絵にしたものを、絵コンテと言う。

カメラ割りをスケッチした台本は、シューティング・スクリプト、略してスクリプトと言う。


サイマルカスト

同じ番組をラジオとテレビで同時放送をすること。


サウンド・ロゴ

アテンション・ゲッターやジングルと同義語、社名、番組名などを短い曲に乗せて番組内に挿入することによって、

番組のインパクトを強めたり、場面転換を図れる利点がある。 SLと略す。


サス

サス・プロ、サスティニング・プログラム、自主番組、

スポンサーなしで局が経費を負担して企画、制作し放送する番組。


サツ回り

警察担当の記者。或るいは警察取材のこと。


サテスタ

サテライト・スタジオ

本局とは別に、ターミナルなどに設けられた公開の小スタジオ。

局をアッピールする意味と、通りすがりの観客にも親近感を抱かせる効果がある。

サテスタは、局とリスナーとの「ふれ合いの場」。


サービス・エリア

テレビ放送局やラジオ放送局の電波の届く範囲のこと。カバレージとも言う。


サントラ 

サウンド・トラックのこと。


シーエフ

CF

コマーシャル・フイルムの略。


CMソング

コマソン

コマーシャル・ソング

シンギング・コマーシャル

SCM CMSと略して台本やQシートには書く。短いものはジングルとかサウンド・ロゴともいう。

(アテンション・ゲッターの項参照)                                          


時間キュー                                                    

「時刻は何時になります」とアナウンスを入れ、その後を指す意味 (この場合は正確には、「時刻告知アナ尻」)と、      

単に時刻により番組をスタートさせる意味との2つがある。


主調

主調整室

マスター

マスター・コントロール・ルーム

スタジオに付属する副調整室から送られてくる番組を調整して送信所に送る部屋。


シー・ユー

CU (Close UP) テレビのカメラワークで、クローズ・アップのこと。


何々の終わりという意味。

テーマ尻、番組尻、CM尻、アナ尻等。「テーマのすぐ後にCMいきます」とか、

頭尻まで、トータルでちょうど29分、ちょうど良い時間になります」などと使う。


白送り

他局に番組をネットする場合にCM部分を抜いて送ること。                                

受けた局はそのCM部分に自社のスポンサーのCMを入れて放送する。


白盤

レコード会社の新譜レコードの試聴盤の事。                                

CD以前のLPレコードの時代は、販売レコードと区別するため、レコード・ラベルを白いラベルにしていた事から試聴盤のことを

「白盤」と言うようになった。毎月各レコード会社から送られてくる白盤のため、放送局のディレクターの机の上はレコードやCD

の山となる。


ジングル

短いCMソング、やアテンション・ゲッターのこと。                                  

(CMソングの項参照) (アテンション・ゲッターの項参照)


スイッチャー

SW テレビカメラの切り替えを担当。テクニカル・ディレクターやデイレクターが兼任する事もある。           

ラジオでは、ミキサーといって、音声や音源の切り替えを担当。


数字

視聴率、聴取率視聴率のこと。 「こんな月並みな企画では、とても数字がとれない」などと使われる。           


スタンバイ

用意とか準備の意味。                                                

手振りキューでは片手を挙げて、手のひらを出演者にみせる。その手を人すし指と中指に変えて、指し示すことで、      

スタートの指示となる。

別の意味では予備番組のことを言うこともある。


ステブレ

ステーション・ブレークの略。番組から次の番組に移るまでの空き時間。                         

民放ではCMを入れたり、お知らせや局名告知、時間告知などに使うことが多い。


スネークイン

スネークアウト                                              

(フェイド・イン フェイド・アウトの項参照)


スプライシング・テープ

録音テープの編集の際に使う接着テープのこと。

昔は録音テープの編集はカットする箇所をいちいち鋏で斜めに切り取り、スプライシング・テープで貼り合わせて編集していた。

こんにちでは直接マザー・テープからプリント・テープにダビング編集をするが、重要な録音には今でも使うことがある。


スーパー

字幕、スーパー・インポーズの略。画像の上に別の画面を重ねて合成するテクニック。                   

野球のスコアやニュース速報のテロップなどや洋画の日本語の字幕などは、この技法。

 


         

スポット

スポットCM

番組と番組の間のステブレ枠に放送される短いCM(10秒 20秒)のこと。


ズーム・イン

ZI テレビのカメラワークで、ズームレンズにより被写体に寄ってゆくこと。逆はZB ズームバックZO ズームアウト。 


     

セグエ

台本やQシートには、SEGと書く。曲と曲の間にアナウンスを入れずに連続演奏すること。


全中

ゼンチュー

全国中継のこと。


送出

制作済みの番組をマスターから送信所に送り出すこと。                                 


                                                          

送信所

放送の電波を送り出す施設。

放送局の主調整室から送られて来た放送内容の映像や音声は、この送信所の送信機により送信アンテナから

放送波という電波に 変えられて空中に発射される。


ソツ・ドラ

卒業ドラマ。定年前のディレクターやプロデューサーが最後に自分の想いのたけを尽くして作るドラマのこと。


タイアップ番組

企業などの協力により作る番組。ドラマなどの画面にタイアップ先のホテルや商品を写したり、企業名を番組終了時に     

タイトルに入れたり、ラジオでは、クレジットのアナウンスを流したりする。正規の番組提供の放送料金より番組協力     

だけで済むので観光地などのPRに良く使われる。


タイム・キーパー

TK

テレビ制作で、台本のシーンやカットごとに所用時間を割り振ったQシートを作り、本番で時間通りに番組が進行しているか、 

チェックする係り。


調整卓のこと。


ダブル

(オーバーラップの項参照)


ダブリュー・エス

カメラワークで、人物の腰から上、頭までのこと。


ダブルブッキング

タレントや出演者のスケジールが、二重契約となっていること。


ダメ出し

NGを出すこと。


タレ込み

警察用語でタレとは密告の意味。報道機関に密かに情報を提供することも、現在ではタレ込みというようになった。      

報道機関は、その情報が本当かどうかを十分に吟味し裏を取る努力をすると共に、私怨や金銭目当てや、個人の利益につながる 

目的の情報では無く、社会正義感や公憤など、社会全体のために良い結果をもたらすものは、ニュース・ソースとして活用すべき

ものであり、これを制限しょうという動きは、不正を助長し国民の知る権利を阻害する。


地タネ

地元のネタ。


突っ込み

突発的に、放送に流したい内容の原稿。緊急な内容の臨時ニュースなど、アナウンサーは場合によっては、下読みなしで

読まなければならない。

他のアナウンサーに読ませる時は、割り込みとも言う。


ツマむ

編集作業でフィルムやテープの部分、部分をカットすること。


デイスク・ジョツキー

DJ                                                    

皿回し

ラジオで、レコード音楽を挟みながらオシャベでつづる番組。                              

そのシャベリ手。                                                  

アメリカの放送で、ディスク(レコード)を馬に見立て、それを自在に操るので、ジョッキー(騎手)と名付けられた。


ディゾルブ

(オーバーラップの項参照)


ティルト

テレビ・カメラを上下に振って撮影すること。上に振るのをティルトUP、下に振るのを

ティルト・ダウン、左右に振るのはパンと言う。


提クレ

この番組は「花のある暮らしを提案する◇◇園芸株式会社がお送りします」といった提供クレジットのこと。

(クレジットの項参照)


デスク

報道で取材、出稿、編集の責任者。


テスト・パターン

テレビで映像の状態を調整テストするためのパターン。コントラスト、走査線、解像度、カラーなどの状態が判るような、   

各局工夫を凝らしたデザインのものを作っている。


出中

入中の反対に中継を出すこと。


手ばたき

公開番組などで会場の雰囲気を盛り上げて貰うための拍手要員。


テロップ

テレビ用の字幕送出装置。この装置で写し出される字幕カードのことをオペイク・カードと言い、今日では、これもテロップ

と言っている。                                                   

テレビ画面に出る文字やイラストもテロップと言い、紙に書いた大型の字幕をカメラで撮ったものを

フリップ(フリップ・カード)と言う。


特ダネ

特別大きなニュース・ネタ。


特落ち

一社だけ大きなニユースを放送出来なかったことを言う。


トーク・バック

普通、ラジオで生放送が進行中、アナウンサーが耳に付けるモニターには、進行中の放送番組が流れている。         

そのモニターに割り込んで、副調整室のディレクターが声で演出の指示や連絡を出すことができる、一種のインターフォンの  

ような装置。                                                    

アナウンサーが、副調整室のディレクターと簡単な打ち合わせをしたい時は、この装置を使ってマイク・オフの時に会話を交わす

こともできる。


時計

ストップウォッチなどの本当の時計のことを言う場合もあるが、録音中にアナウンサーが、もう少し下読みをしたいと思ったとき

「すみません、ちょっと時計を止めて下さい」などと、「録音を一時中断して欲しい」という意味でも使われる。


ドタキャン 

土壇場でキャンセルされたり、したりすること。


トチる 

しゃべりのミス。アナウンスでつまったり言い間違ったりした際や放送現場で

何らかのミスをすること。アナウンス面では「噛む」と表現することもある。(噛むの項参照)


撮って出し(録って出し)

未編集のまま放送に出すこと。


ドナリ

番組の頭で番組タイトルなどを、大きな声でアナウンスすること。


飛び下り

ネット番組から、自局の番組やCMに自然な形で切り替えること。

「◯◯テレビをご覧の皆さまはこの辺で△△球場からお別れします」といったQワードを入れて貰って降りたりする場合や

色々の形態があるが、ネット番組の途中で落として自局の番組やCMに切り替えたりすること。


飛び乗リ

自局の生番組やCMから、すでに放送を始めているネット番組に、なるたけ自然な形で切り替えること。

野球中継などではあらかじめ「ここからは◯◯放送をお聞きの皆さま、こちらは△△球場です」と言うようなQワードを

入れて貰ったり、それが無い時は、やゝポーズをとって貰ったり、それも設定していない場合はFIで入ったりする。


ドラ・リハ

ドライ・リハーサル (DR)、セットの中でカメラ を使わずせりふや動きを演じ、演出・技術・美術のスタッフがチェック

する立ち稽古のこと。カメラの位置やカメラ割りなどもこのドラ・リハで決める。

ドライとは、カメラなしの意味で、セット・リハーサルとも言う。


ドリー・イン

ドリー・アウトドリーイン

DI テレビのカメラワークで、カメラを被写体に近づけてゆくこと。

バックすることをDB ドリー・バックDO ドリー・アウトと言う。ドリーは、テレビ・カメラを乗せた台車のこと。                                    


生放送

録音や録画と異なり、現場やスタジオから直接放送に掛けること。ライブともいう。


電波の事。                                                     

事故で停波の時「オ〜イ、波が出ていないゾ〜・・・! 」などと言う。


ナレーション

ナレーター

語りのこと。語り手のことをナレーターと言い、台本やQシートにはNAと表記する。と言う。



ノバシ 

番組進行が早すぎるばあいなどの際に引き延ばすこと。                                 

手振りキュー動作としては、両手をゴム紐を掴んでひきのばすような仕草で、出演者、クルー、スタッフに伝へる。


ハウリ 

マイクを今録っている音を再生しているモニターの側に近づけると、音が回り込んで「ピー」とか「ブルブル」いう雑音になる。

この状態を「ハウリ」ハウリングという。


拍手取り 

公開番組などの際の効果音として会場内の拍手を拍手を取ること。

手振りキュー動作としては、片手を頭上で大きく回す仕草をする。 


パクパク 

ラジオでは声が放送に乗らない状態。出演者がカフを入れ忘れたり、調整卓のアッテネーター(スライド・ボリウム)を上げ間違え

などから起こることが多い。テレビでは、歌番組などで、歌手の歌っているように見せたしぐさを撮っておき、後から歌声の録音

と合わせて編集する。(口パクの項参照)


パケ 

パッケージの略。編集済みで、本番に掛けられる状態にした番組のこと。


ハケる 

テレビでは画面から出演者が画面外に出たり、要らないものが画面に映って慌てゝ画面外に掃き出すこと。

ラジオでは、もう出番のない出演者をブースから外に出すこと。


ハコ乗り

首相や閣僚など大物政治家が交通機関を使って移動するときに、同乗して取材すること。


鋏を入れる

録音テープの編集のこと。


鉢巻き

(帯の項参照)                                                    


                                                          

バック便

放送局では毎日定刻に、放送局の本社から東京・大阪支社などの主要支社行きの、かなり大きなアルミ製の鞄の列車便を

だしている。

この中に、連絡書類や他局に返却する放送素材や、小さな機材などを入れて送る。


バック・グランド・ミュージック

BGM

背景音楽のこと。


パーティシペーティングCM

PT

一つの番組に幾つかのCMが入る番組形式。


パプ 

パプリシティーのこと。企業や団体、官公庁が情報を報道機関にリークして、あたかも

報道機関が自主的に取材し報道したように見せる広報活動のこと。


バンシン 

番組審査会のこと。


番記者

首相や大物政治家などに付き取材する記者のこと。張り番記者のこと。


番宣

放送局が行う番組宣伝のこと。


ビーエス

BS (Bust Shot) カメラワークで、人物の胸から上、頭までのこと。

BS (Broadcast Satellite) 放送衛星。


 

ヒッチ・ハイク

HH、番組の本編のすぐ後ろに付くCMのこと。便乗することから、この名が付いた。                       

トレーラーとも言う。


フェイド・イン

テレビでは、画面がはじめはボヤケて暗い画面が、段々明るくなる(溶明)手法をフェイド・インという。           

ラジオでは、無音状態から段々音が大きくなり、適当なレベルまで達する手法をいう。                   

台本やQシートに記入する時はFIと書く。

このFIよりも、もっと時間をかけて、ゆっくりと音を大きくするのをスネーク・インという。                

手振り動作キューでは片手を下から徐々に上げて行く動作で表現する。


フェイド・アウト

フェイド・インと反対に、次第に画面がぼやけて暗くなるのをフェイド・アウト(溶暗)という。

ラジオでは、音が次第に小さくなり最後は音が消えるのをフェイド・アウト(FO)と言い、もっと時間をかけてゆったりと音を 

消すのをスネーク・アウトと言う。

手振り動作キューでは、手のひらを広げて肩より上に挙げて段々下に下げ、最後に広げた手のひらを握る。          

握った時が音が完全に消えた状態となる。                                       

FIFOをつなぎ合わせて、ゆったりと音がかぶさりながら変わる手法は、クロス・フェイド(CF)と書く。          

同じ手法だが、クロス・フェイドを逆にフェイド・クロスということもある。(FX)と書く。                 

音楽などで、最初の曲が、自然な形で、次の曲に変わるのがこれ。                            

手振り動作キューでは両手を使い前後の曲を表現する。


フォーマット

番組全体の構成。或いは、その構成表をQシート風に表わしたものを言う。                        

これによって番組の全体像を掴むことが出来る。 


ブツ回し

放送番組の素材のことを指してブツと言い、ネット系列の各局と受け渡しをすることをブツ回しという。


ブラサガリ 

報道では取材対象に、くっついて取材すること。密着取材。あらかじめインタビューの申し込みをせずに、ブッツケ取材

の形が多い。                               

技術ではマイクを天井から釣り下げた形でセットする方法。

報道用語で自殺の形態。 

                                              


フラッシュ 

第一報。速報の意味。


ブリッジ

番組の中で、ある場面から、次の場面に転換する時の橋渡しをする音楽や効果音。ジングルなど。 

                                                          


        

フリップ

パネルや紙に書いた文字やイラストを直接カメラで撮って画面に出す。フリップ・カードの略。(テロップの項参照)


プール取材

合同取材のこと。


プレス・キット

取材の参考のために配布される資料のこと。


プレス・レビュー

大きなイベントや施設などの一般公開に先立ち、報道機関に公開することを言う。


フレーム・イン

画面に人物や物体が入ってくることを言う。


フレーム・アウト

フレーム・インの反対に画面から外に人物や物体が出て行くことを言う。


プロデューサー

番組の制作責任者。


フロマネ

フロア・マネージャーのこと。


ブース

(アナウンス・ブースの項参照) 


フンドシ

録音済みのテープの箱の上にかける「録音内容明細書」のこと。

(帯の項参照)


ヘッドライン・ニュース(ニュース・ヘッドライン)

ニュース番組で番組のはじめに、この時間に伝えるニュースの主な項目をあらわすこと。

ニュースの見出し。ニュース・ショウ番組全体のタイトルに使われることもある。


ベデスタル

テレビ・カメラを乗せる台のこと。大型のスタジオ用カメラに使う。                           

三角型の台座に自由昇降装置を付けて、カメラを前後、上下、左右に動かすことが出来る。


ベル押し

テレビのワイドショーなどで、取材対象者の自宅のインターホンのベルを押すこと。

どうせ取材拒否か、うまくいってもインターホン越しに一言か二言、音が録れたら良しといったワン・カットの繋ぎとして

使う。

「ここの場面は◯◯チャンのベル押しから、近所の人の話に渡そう」などと使う。


ベリカード

放送局には毎日のように日本国内はおろか、世界各地から多数の受信報告書が送られてくる。               

放送が世界で最初に出来た頃は、まだ波長と電波伝達との関係などもはっきりと判っていなく、かなり実験的な開局で

あった。そこで、その時代の放送局は、世界中から送られて来る受信報告を電波研究の貴重なデーターとして重視し、

広く受信報告を求めて電波の研究の一助として、その資料を活用した。

その頃、受信報告に対して、感謝の意味を兼ねて発行されたのが、ベリカードと言われる受信確認証である。以来、放送局は、

この慣例を踏まえて今日でもベリカードを発行している。

NHKの国際放送 ラジオ・ジャパンが

1954年に発行したベリフィケーション・カード

 


巻き 

番組進行が遅れている場合などの際、「急げ」の指示。                                 

手振りキュー動作としては肩手首をクルクルと回す仕草をして出演者、クルー、スタッフに伝える。


まげもの

時代劇のこと。


マター

仕切り。「この事件は社会性が有るけど、昼ワイド担当のマターで行こうや」などと使われる。


見切れる

見限るとキレルの二つを合わせた合成語。

どうしょうも無いミスばかり繰り返す出演者やスタッフに頭に来て見限ること。



読み原

読み原稿のこと。


ラジオ・カー

超短波無線機を積んだ放送中継車。機動性があり事件現場などから生中継が出来る。

FMカーとも呼ぶ。


ランニング・テープ

使い回しのテープのこと。



レクチャー

官庁や企業が報道機関に対して取材対象の内容に対しての解説や状況説明をすること。

レクと略す。


レポーター

本来は報道の中継の際に、生々しい現場の状況を取材して伝えるアナや記者のことであったが、昭和44年に和歌山放送が地元の

素人レポーターをワイド番組で採用して話題を呼び、以来レポーターの登場する番組が急激に増えた。            


                                                          

連ドラ

(帯ドラマの項参照)



ワイプ

映像関係の技術用語。画面の端から画像をふき取るように消して行き、消した後に別の画面を出すテクニック。

消すのをワイプ・アウトと言い、現してゆくのをワイプ・インと言う。


わかめテープ

磁気テープが伸びてヨレヨレの不良テープになること。

磁気テープは、保存状態が悪く、古くなると酸化してスッパイ匂いを出すことがある。このようなテープを「酢コンブ」と言う。


枠アナ

番組の前後に、アナウンスにより、前枠や後枠を付けること。或いは、担当のアナウンサーのこと。


枠づけ

番組の前後に、前枠や後枠を付けること。